会員サイト

HOME

おおいたの経済と経営

おおいたの経済と経営

大銀経済経営研究所では大分の経済動向、景気動向を豊富な統計データや主要企業の活動状況等から分析し、各種調査レポートを月刊誌として毎月発行しております。刻一刻変化する大分の経済動向を毎月皆様にお伝えしています。

「おおいたの経済と経営」最新号

2024年2月号 No.401

2024年度の大分県経済の見通し
生産の持ち直しと所得環境の改善から、プラス成長を見込む

 2023年度の大分県の実質経済成長率は▲0.2%と、わずかなマイナス成長になる見通しである。
 上期は、生産活動、住宅投資は弱含んだ。また、個人消費は横ばい圏内の推移となり、有効求人倍率の上昇に一服感がみられた。一方、公共投資は前年を上回り、設備投資は前年度を大幅に上回った。下期は、生産活動と個人消費は力強さを欠き、住宅投資は低下基調が続く見通し。一方、有効求人倍率は高水準で推移し、公共投資も底堅さを維持すると見られる。2023年度の県内経済は、低調な生産活動による純移輸出入等が重しとなりマイナス成長となるだろう。

 2024年度の大分県の実質経済成長率は+0.8%と、プラス成長を見込む。
 生産活動は2023年度を上回り、個人消費は緩やかに持ち直すと予想する。公共投資は2023年度比でやや増加する見通し。また、有効求人倍率も高水準を維持するとみられる。一方で、住宅投資は2023年度を下回り、設備投資は前年度の反動から低下する見通し。2024年度の県内経済は、海外景気の底打ちによる生産活動の持ち直しや所得環境の改善から、プラス成長に回帰する見通し。ただし前年の設備投資の反動減が、成長幅を押し下げるだろう。

INDEX

  • REPORT
    2024年度の大分県経済の見通し
    生産の持ち直しと所得環境の改善から、プラス成長を見込む

我が社を語る

語り手 西部飼料株式会社
代表取締役
原 拓志氏
聞き手 大分銀行山香支店 支店長 渡辺 悌一郎
CONTACT

お問い合わせ

会員のご入会、経営のご相談やコンサルティングに関するお問い合わせはお気軽にこちらへ。

TEL.097-533-8111

(平日8:35ー17:00/祝祭日を除く)

ページの先頭へ戻る
Copyright © Daigin Economic and Management Institute All rights reserved.